トップ   タブレットによる勤怠データ収集について

タブレットによる勤怠データ収集について

勤怠データ収集にタブレット端末は打刻によく使われています。タイムカード機のように、置く場所が縛られないので、建設現場などにも設置することができます。

タブレット端末を利用して勤怠データの収集方法は様々あります。例えば、タブレット端末城専用アプリを動かして、従業員が出勤・退勤・休憩・休憩戻りにタブレットアプリの対応刷るボタンを押して、勤怠データを登録する方法。この方法は、勤怠人数の少ないレストランなどの職場で、低コストで手軽く導入できる勤怠データ収集に向いていて、人数の多い職場での勤怠データ収集には不向きです。また、方代わりの打刻ができるため、不正打刻に弱いです。タブレット端末勤怠打刻最も普遍的使用方法はタブレットにICカードリーダーや静脈リーターや指紋リーダーなどを装置を接続して、高速で打刻者を特定して勤怠データを収集する方法です。外部リーダー装置を接続して打刻者特定により、打刻の効率を上げるとともに、不正打刻防止にも活かしています。タブレットに外部接続するリーダーによって、勤怠データ収集のあり方や不正打刻防止にそれぞれの特徴があります。今後順序に紹介して行きます。

専用アプリによる勤怠打刻紹介

下記の画像は普通のタブレット勤怠打刻アプリのイメージです。タブレットはiPadとかAndroid端末とか、提供するプロバイダーによって様々です。

勤怠登録イメージ

アプリの種類もプロバイダーによって様々です。ウェブアプリの場合もありれば、インストールするローカル専用アプリの場合もあります。表示方法もプロバイダーによってかなり違いますが、基本内容はほぼ一緒で、全体打刻の流れは下記のようです。

従業員が打刻する時、タブレット上先に自分の名前を選んで、出勤時は「出勤」ボタンを押します。そうすると、タブレット画面上に出勤下時刻などが表示され、出勤したことを確認できます。

同様に、従業員は自分の名前を選んだ後、退勤時は「待機」ボタンを押し、休憩の場合は「休憩開始」ボタンを押し、休憩終了の場合は「休憩終了」ボタンそれぞれ押します。結果は出勤同様にタブレット画面上に表示されるので問題はないか確認して操作終了です。

タブレットに打刻された勤怠データは普段ネット経由で管理サーバーへ送信されてサーバー上に保存されて起きます。この勤怠データ使用して、時間外労働時間などを把握し、 給与計算が正しく行われます。下記の画像はタブレット端末勤怠打刻データ収集管理のイメージです。

勤怠登録イメージ

サーバーは普段サービスプロバイダ−が提供するクラウドサーバーです。タブレット端末は現場に置かれ、従業員が出勤・退勤・休憩開始・休憩終了するときに打刻を行います。打刻データはネット経由でデータベースへ送信されます。