トップ   スマートフォンによる勤怠データ収集について

スマートフォンによる勤怠データ収集について

勤怠データ収集にはスマートフォンを使って打刻するシステムもあります。スマートフォンは軽くて、一人ひとり持っているため、特別な打刻装置を用意しなくて即座に勤怠打刻ができるメリットがあります。

スマートフォンを打刻に最も多く使用しているところは、外出時の打刻や直行直帰営業職従業員の打刻です。営業職のような従業員は外出が多くて、直行直帰は一般的であるため、スマートフォンのGPSの機能を活かし場所を特定して打刻することは最適です。この場合は、GPSとリンクして要るため、外出従業員が打刻する時の現在位置が地図上に表示できるます。また、目的地200M範囲内にならないと打刻できないなど補足機能も備えているシステムもあります。

スマートフォンを勤怠打刻によく使われて要い方法は、作業現場の特定QRコードをスキャンして勤怠や作業登録をする方法です。

GPSによる勤怠打刻の方法の紹介

外出の多い営業職や、直行・直帰の多い運送業のドライバーなど、日ごろオフィスにいない従業員については、勤務の実態を正確に把握することが困難です。この問題を解決してくれるのがGPSを用いたスマートフォン・タブレット打刻です。打刻する時スマホの位置情報とともに記録して置くことで、正確に勤怠管理ができるのです。

スマホでどこからでも打刻できるようにすると、便利な一方で、GPSの位置情報も記録されるため、不正打刻の心配も生まれます。

たとえば、従業員が本当に客先などを訪問して、そこから打刻しているのか、訪問先に直行したように装って実際には自宅から打刻しているのか、管理者側で判断がつかないケースがあるのです。しかし、GPS打刻を利用すれば適正な場所で記録したのかどうかが一目でわかります。社内ルールを徹底することができ、事務職などオフィスを中心に勤務する従業員とも公平性が保てます。

スマホで打刻

下記の図は外出従業員が勤怠登録イメージです。

勤怠登録イメージ

スマートフォンGPS活かした勤怠打刻のメリット

今では誰もが利用しているスマートフォン・携帯電話。GPS打刻での社員管理で虚偽報告が大幅に低減。更に不正打刻が行えないこと、導入コストが安いことでご好評を頂いております。